カテゴリー: ビジネスモデル

消費税導入後準備は本当にできているのか

四月から消費税導入でどうなるか? それは流通業者なら誰もが売上数字が落ちると思っているだろう。それに対して最終対策は打てているのか、しかも今回は来年も導入の可能性があるので、小手先の話では済まないことは織り込み済みのはずである。
特に高額品を扱っているところは、現状すでに駆け込み需要のまただ中なので数字が良くて当たり前。だから気を許しているところも多い。

消費税が導入されて中長期的に何が変わるのかもぜひ考えたい。現段階ではオムニチャンネルとか言ってネットでの力をリアル店舗に生かしたいと思っているところが多いが、それで終わるはずがない。ネットの方はさらに進化してウエアラブルが浸透していくと、思っている以上にリアル店舗のショールーム化は進むだろう。さらに確実にリアル店舗は窮地に陥ると思う。スマホはすでに峠を越えつつある。次世代のウエアラブルガが透して来ると、スマホ時代の考え方は全く通じない。それがこの2ー3年で急速に進化する。

今年来年の消費税導入は今までの消費税導入期の変化以上を進めるスタートスイッチであると言えるのだ。

広告
カテゴリー: ビジネスモデル

CSRで利益を出そう

社会貢献は大手ならずも企業においては、今後やっていないと取り残される活動となりつつある。しかし、社会貢献と言うとすぐに経費という考え方になるが、本来はその部署だけでも収益が出ないと継続して活動して行くことはむつかしい。

こういう状況では、自社の商売に関連でき、収益モデルという社会貢献事業は何かということを評価してもらい提案してもらうことが企業には必要になってくるということであろう。専門コンサルティングや機関の登場が待たれているのかもしれない

カテゴリー: ネット

まだまだEコマース担当を一線級を投入していないのではないか

様々な会社に伺うとEコマース担当やネット関連事業部の方をよく紹介してもらう。戦略的な面や今後事業として育成して行こうという局面においてまだ戦略的なことをこなす人材を置いているのかというとそうでないケースも多々見られる。
これから伸びる可能性があるにもかかわらず、これから大きく進歩しなければならない部署であるのに関わらず。。。。である。これはあまりにも消極的すぎないだろうか。

例えばEコマースであればリアルの商売はもちろんネットの知識も豊富であることぐらいは必須である。自社ではそう言った人材がいないからんて大見得切っているところもあるが、それは営業戦略的に人材戦略的に当社はできてませんとアピールしていることになる。こういうのでは全くダメだ。

今最も人材で育成しやすいのは、リアルの商売に精通した中でネットに対しても意欲があるのなら、数年であるレベルになれるはずだ。ネットがベースの人材は、リアルのことが理解するには一度ジョブローテーションをして5年や10年はリアルを体験させないと難しいので、これは時間がかかるが、会社として全力で育成するのであれば、営業部隊全体を育成するほどの時間と経費はかからない。将来を考えれば安いものだ。これに踏み込めない企業はまだまだネットの力を真っ当に評価していないと言える。

カテゴリー: ビジネスモデル

アジア感覚は従来型の研修では無理だ

これからの発展の中心はアジアであることは誰もがわかっている。ベトナムやマレーシアの人達をみていると日ごろから多国籍の人とコミュニケーションを取らざるをえない環境だ。元が違うから考え方も行動パターンも違う中でのチームワークやマネジメントは、日本の中でのパターンとはまた次元のちがうものであろう。これはなかなか従来の研修レベルでは追いつかなさそうな気がする。

それは、研修とかをやっている我々も非常に考えさせられる問題だ。
今までは日本人同士であるから、協調性やチームワーク主体型の研修であったか、根っこがバラバラのメンバーではなかなかそれは難しい。強力なリーダーシップと同時にフォロー力が必要でありそれをどう研修などでフォローして行くのかは、実際にそういった環境にならないと難しい気がする。

カテゴリー: ビジネスモデル

ファンつくりはブランディングの基本、そのために必要なことは?

ブランディングということの前にファンがいなくてはブランディングにならないことは、多分誰も異存がないと思う。しかしそのファンつくりの手法に関しては、誰もがむつかしいと考えるのも事実だ。

今までのファンつくりはリアルメディアがメインだったが、ネット時代はSNSやサテライトサイトなどの活用が通常だろう。そのためには相当ネットを使い込める人材が必要だ。個人でサイトを作ったり、コミュニティを作れて維持できてるメンバーが一名以上いるかどうかが生命線となるかもしれない。こういった人材はネット系の専門学校に行ったからできるというわけではない。個人でどんどん追求できて行く、面白いことなら寝るのも惜しんでやるというような考え方が必須となる。もしかしたら組織的には非常に扱いつらい人材なのかもしれないが、彼らのグーンとのめり込むようなパワーがなければ到底出来ない技だと思う。こう言った人材が最初の突破口を開いて行くのだと考えて欲しい。一部の特異な人材がこれから企業を変えて行くのだ。

当然マネジメントシステムも大きく変わる。個人ごとにミッションを自発的にクリアして行くようなアクションリーダーが中心になったフレキシブルな体質が必要だ。管理者はプロマネさへ出来ればいいという時代ではない。チームが上下関係なしに動くのが理想だ。サラリーマン的な人は合わないだろう。一人で何役もこなす。そういった人材の集まりが理想だ。

カテゴリー: ネット, 流通

淘汰されるEコマースは

どこでもEコマースをやっている中で、今後も生き残れる要因を考えていきたい。

まず、Eコマースは販売であって、販売経験のない担当が運営していること自体は避けたい。経験者と何が違うか?それはお客様の立場で考えられるかである。よくうまく行ってないところで、大きな問題は工数がどうのこうの、商品数が多ければいい、販促をやれば集まるなんてことを言っている不毛な討論が多いもんだが、それは全て売り手側発想であるからだ。

お客様は自家需であろうと、ギフトであろうと、納得しないものを買うことはない。いくら商品量があって販売側がバラエティがあると思っていても、買う立場からすれば、いらない商品がか多数増えるだけで、全く買いづらい売り場になるだけである。

売れた商品でも、なぜ売れるのか、売れた商品でも売れな理由はいくらか含んでいるから、それをどうこちらから提案すれば、ご理解頂けるのかを対応していかなければならない。しかしそこを考えなければ、売れなくなれば、そら販促だとか価格の見直しだとかの、確実に間違った方向の答えになる。

これからのサラに乱立して行くEコマースにおいて、こういった本質的な問題に手をつけられないところは間違いなく淘汰されて行くと考えられる。

カテゴリー: ネット, ビジネスモデル

Eコマースの発展で新たなEコマース分野が登場か

流通の世界では業態がいくつもあるもんだが、Eコマースの世界ではまだモールと直営とオークションセールぐらいしかない。そのEコマースの分野で今面白い分野が立ち上がろうとしている。

それは、スマホで撮った写真から検索をして価格がわかり買えるというものである。今までは売り場に行ってバーコードなりをスキャンして商品を検索するということはあったが、それを今までのポータルサイトの映像なんかと照らし合わして、最低価格を提示して買えるということになると、いちいち売り場に行かなくても、友達の商品でも、本で見つけた写真からでも、街で見つけた気に入ったものからでも検索ができて、買えるということが起こるのである。つまり周り全部が売り場に変わるということなのである。それはパソコンに向かって何か思いを持って検索をして選んで買うということとは大きく違うモチベーションであると思う。

今まではあまりパッとした印象を持ってないエアーの技術なんかと再度合体すれば、大きなうねりになりそうなことは容易に想像がつくと思うんだが、非常に今後を期待したいのである。

AmazonのiOSアプリにカメラによる商品検索機能搭載―リアル店舗のショールーム化いよいよ進行