ベンチャーでやろう。

インバウンドで好調な業界も出ていて、周りでも景気のいい話が結構飛んでいるが、その中ででもやっぱりダメという業界もある。まあ、ひとえにマーケティング不足になる変化スピードの遅さが原因なんだと思う。ものつくりでは当たり前なんだろが、コンサルやサービス系でもIT系でも一筋に頑張っているところがある。一筋でやっているところは一言で生き残りに長けたところだけがうまくいくのではと思う。マーケットが縮小して行っているところが多いが、そういったところが特にそうだ。全体は小さくなっていく中で、なんとか生き残ったところだけが、他から見れば頑張っているある意味では職人的と言えるのだ。しかし、そこにいる若い人たちは悲惨だ。先はそれほどないなかで一番可能性のある時期を過ごしてしまうからである。人間経験しないままで過ごすことが非常に残念だ。特に日本にいてそこそこ生活できていてそこそこそれで満足してしまう人は、特に勿体無いと思う。他の業界を見れば、他の国を見れば、山ほどある可能性、山ほどある新たな道、山ほどある発見。。。。。できれば早いうちに、いや我々のような60を過ぎている人でも、トライして欲しいものだと思う。この前シリコンバレーに行ってきた。別にどういう仕事で行けたわけでもないんだが、そこで聞いた情報はどれもこれも斬新でむちゃくちゃおもしろい内容だった。こういうのがちょっと16時間ほど離れたところにあって、ちょっと滞在しただけなのに見つけられたということは、もっといればもっと見つけられる。。。。。これを知らないでそのままというのは、まことにもったいない。日本人はベンチャー力に欠ける人種だと散々海外からもベンチャー系の人からも言われているのが痛感したのである。まあこの絶好調の世の中で、いやーうちは全然よというのであれば、今までのしがらみを全部捨てて他の業界に他の世界に行くことを勧める。それがどんな年であろうとも環境であろうとも、同じ後悔だったらトライして後悔したいものだと思う。

広告

この時期はグーグルI/OといいアップルのWWDCといい。。

アメリカの時間が日本と逆なので昨日も朝の4時までストリーミング配信を見ていたんですが、結構この時期は忙しいもんです。まあ、見たからといってもそれでビジネスに即つながるわけではないですが、こういう情報を開発者と同じスピードで見ていくことによって、実際に一般に浸透していくまで自分で理解できる時間を稼ぐことができることはいいことなんだと思っています。
こういった発表を見ているといつも思うのですが、一般向けのソリューションを売っているところは最後にアップルのように大手がどーんとはいってくると今までのマーケットシェアが大きくガラガラポンとなってしまうことなんです。我々のような極小のところは逆にいろいろ付随マーケットが増えてラッキーなんですが、たとえばニュース配信で勝負してきたところは、昨日のアップルのニュース系の発表でハラハラドキドキなんでしょうね。きっと。同時に新聞やその他の雑誌関係も今までの配布ルートが大きく変わる可能性があるので、これまたドタバタが始まるのだと思います。大手のだから大元を抑えないとだめという発想はいいんでしょうが、世界中の大手がそこに入り込んでくる可能性がネットの浸透で本当にボーダーレスになったということで、リスク部分が非常に大きくなったと思います。同時にその周辺のベンチャー系の企業は逆にマーケットがどんどんできるのでラッキーですがね。