カテゴリー: ビジネスモデル

ウエラブルの登場で、今までのオムニチャンネルの根本が変わる可能性がある。

ウエラブルの登場で、今までのオムニチャンネルの根本が変わる可能性がある。

 

流通で最近言われているオムニチャンネルのだのショールーミングなどの考えはスマートフォンベースの発想が多い。この数年は使えるだろうが、ウエラブルの浸透具合では根本から変わってくるだろうということである。

 

リアル店舗は、すぐに必要な商品は店舗ひもづけの今よく行われているオムニチャンネルの様々な手法でもある程度通じるだろう。それも今後相当様変わりしてくるだろうが。

 

ポピュラープライス以上の価格帯の商品は、今のオムニチャンネルなんかで使われている手法はほとんど通じないと考えた方がいい。だいたいあらゆるチャンネルで顧客動向をつかみ販売していく方法だと言ったところで、買う方は、世界中(ちょっと大げさね)から同じ商品あるいはよく似た要素をもつ商品を検索できるので、いくら一社で色々在庫などの共有化などをしたところでほとんど(あまり)意味をなさないと思う。

 

今までの手法はどうも自分でネットを十分駆使したことがないようなコンサルや企画屋が考えたようなレベルなんではないだろうか?と思う。結構笑える事例なんかをセミナーとうでしゃべってるのも見受けられるのをみていると。。。。

 

ウエラブルのキーは、当面SNSだろう。

 

検索一位のところはあまり関係ないが、ウエラブルの音声検索もまあまあつかえるがまたまだ人間が考えて動くレベルをサポートする力はない。そうすると、ポケットからだして画面をオンにしてから使うスマートフォンなんかはすでにめんどくさがられているので、目の前に来るあるいは手首に来るプッシュ情報は大きな影響を持つと考えられる。だから、当面の大テーマはどれくらい多チャンネルでSNSを使いこなせれるかになる。それもクーポンとかではない。小さくても口コミを引っ張れる情報発信型ユーザーの口コミ内容をどこまでふやせれるかなんである。今までのは自分個人が判断して買い物をしていたのが、相当多数のクチコミが購買判断基準に大きく影響を与えている。現に旅行の予約なんかでのホテルの選択時には皆さん口コミを読むのではないだろうか。半分ぐらいは?かも知れないが。レストランのもそうだろう! ウエアラブルの浸透によっては、まあ、相当買い上げ率が落ちるところも多数出てくるだろう。今までの販促や運営手法が通じないからである。

 

音声検索が普通になってくると、今までの検索対策のキーワードの使い方が変わってくる。キーボードではキーワードをポンポンと1−3個使って検索するというのが普通であったと思う。だからビックキーワードに販促費をかける必然もあった。しかし、音声検索になると人間はいろんな事をしゃべりだすのである。「この辺でおそばでおいしい所ない?しずかなところがいいな!」「アキバで泊まるんだけど、ちょっと広めの見晴らしのいい新しい所のホテルない?」まあ、こんな具合であろう。

 

つまり、キーワードのばらつきが出てきて、今までロングテールの端の方のキーワードなんてあんまし効果ないよなんて言うのが、脚光を浴びてくる事になるのだと思う。つまり商品やサービスの提供者側は、様々な可能性で探しにくる音声検索に対応した従来よりも多数のキーワードを使って特色を出すコンテンツ作りが必須になってくるのだろう。これは、商品やサービスを提供している当事者が、自分たちで日々工夫しながら、SNSとサイトの運用をマルチ手法でやっていくという事になる。外部に丸投げなんて企業はだめなのだ。小さい所であれば、それは社員に任せているよではなく、トップから現場まで同様にその手のリテラシーをもつ事が必須になってくるのだと思う。

 

こういう運営が出来るような企業体制にもっていくには、外部の支援を使いながら変えていくわけであるが、その支援者、コンサルタントであったり、セミナーに行ったり、ハンズオンでやってくれる所であったり、システム屋であったり。。。いろんな所が必要になるが、その選択方法を間違うと確実にミスリードになり追うがリスクが相当高まっているのだと思う。例えば、オムニチャンネルも新旧でてくるだろうと言っているわけであるが、それが実務におとしめるだけの事が出来るコンサルタントなのか、最近トレンドだからしゃべっているだけのコンサルタントなのか見極めなければならない。

 

新しいトレンドにのりながら新たなビジネスモデルを指向したいというニーズ/ウオンツの中でコンサルを見極めるポイントはこうだ。

 

最新トレンドのハード/システム環境にくわしくて、コンサルタント自身も十分使いこなせているのか? オムニチャンネルに特化した方向では、リアルの商売の仕組み運営ノウハウと、Eコマースの運営ノウハウや、SNSが実際にマルチで使いこなせているのか、コミュニティと言われるものを創りだしているのか? さらにその使いこなしていく中で、例えばネットを駆使してそのコンサルの会社は営業開発やコンサルティングが出来ているのか? である。「最近はこんなんです。。。」といいながら、タブレットやウエアラブルやクロームブックぐらいは元々ネット系が出身ではありませんというコンサルでもミーティング時にもってきて事例を見せるぐらいは当たり前だと思う。


コンサルも人間であるからいくら頭で理解できても実際に使っていなければ、最近の事情についてはほとんど理解できないぐらい多岐にわたり進化が激しい。特にパソコンからスマートフォン、スマートフォンからウエアラブル等々相当環境も運用もノウハウも変わる中で、昔の経験と勘では全く使いにものにならないほどコンサルの業界も変わってきている。その変化に十分対応できている所と話をする事は、自社の進路を誤らない保険でもあるのだと思う。。。。。なんて思う日々である。

広告
カテゴリー: ビジネスモデル

SNSの時代だ。

SNSを制するものが。。。

ネットの話になるとだいたいサイトがどうしたこうしたの話が多いが、サイト自体は待受である。いくら力を入れようが、来てくれなければ意味はない。そういった意味では、検索順位が大事だ。でもその検索順位も含めて、これからもっとも大事なのは、SNSだ。

SNSで顧客開発を行い、SNSで顧客とのコミュニティを図る。これが最優先で、サイトなんかFacebookページでも十分である。

このSNSを活用するには条件がおおい。まずはトップが十分活用できるかである。事業としてやるんだから部署の人間がやるからいいよ!という話も出てきそうだが、そんな時代ではない。トップもそうでない人たちもSNSで顧客にもそうでない方々にもコミュニティが創れる維持できることなのである。

ウエラブルなんかを使っていると、検索サイトは検索結果は一つずつしか出てこない。SNSのコメントも一つずつしか出ない。しかもSNSのコメントはプッシュでくる。検索はこちらからOK GOOGLE!としゃべらないと出てこないのである。この操作の手間だけ考えてもSNSが優位であることはわかるだろう。SNSの時代であるのだ。

SNSが不得意な人は?  それはなにがなんでもなれるしかないのである。

カテゴリー: ビジネスモデル

どの世界も技術革新だ。

  • 形体展示 – 剥製標本写真などで生物を見せる展示。
  • 生体展示 – 生きた個体の展示。
  • 分類展示分類学的展示) – 同じ種類の生物をひとまとめにして、見比べることが出来るようにした展示。
  • 地理学展示地理学的展示) – 同じ地域に生息する生物をひとまとめにして、見比べることが出来るようにした展示。
  • 無柵放養式展示(ハーゲンベック方式・パノラマ展示) – 堀(モート)を使用したモート式展示など、従来の檻や柵などの遮蔽物を使用した展示ではなく、生物を直接観賞出来るようにした展示。
  • 単一展示 – 同一の種類の生物だけを、同じ施設内で展示すること。
  • 混合展示 – 複数の種類の生物を、同じ施設内で展示すること。
  • 形態展示 – 生物の身体的特徴を見せるだけの、生物がただ生きているだけの展示。
  • 生態展示 – ランドスケープ・イマージョンなどを使用し、その生物が野生で生息してる環境を再現し、環境エンリッチメントなどを考慮した展示。
  • 行動展示行動学的展示) -その動物の特技や特長などの能力を、自然に誘発させて観賞者に見せるように工夫した展示。
wikiからの引用です。
ざっとこれ見ただけで動物園の展示の手法だとはなかなか思えないんであるが、こういった業態でも手法の革新は行われているということなんだね。旭川動物園が一時期盛り返したのは行動展示という手法だったんですね。。なるほど。流通的に言うとVMDと部門別管理の手法の組み合わせということでしょうか。勉強になりました。
カテゴリー: ビジネスモデル

これからのコンサルタントは?

これからのコンサルタントは?

コンサルタントもいろいろなタイプがあるのでそれはそれでいいのだが、少なくても様々な分野でリアルとネットの癒合が起こっている中で徐々にいろんな方向性は見えてきていると思う。

バラバラと考えてみた。

今までのリアル中心のコンサルタントでは、ネットに弱い事もおおく全く一面しかコンサルは出来ないだろう。今までのネットやシステム系のコンサルタントは、リアルがわからなくて全く話にならんだろう。大枠の概念からコンサルをやっている人は、現実的なところでリアルとネットが出てくると全くだめだろう。人材教育がメインでコミュニケーションや基本動作などを教えている人はその分野ではいいかもしれないが、ネット上のコミュニケーションや基本動作はわからないだろう。さらに、日本人比率が減ってきたらもっとだめだろう。SEO対策をやっていたコンサルは、いろいろGoogleなどが検索方針を変えてきたので、いままでの手法はほとんど役に立たないだろう。サイト構築のコンサルをやってきた人は最近は無料のも多いので金にならないだろう。営業コンサルをやってきた人は、ネットを使った営業開発や継続営業は難しいだろう。販売コンサルをやってきた人はEコマースは難しいだろう。Eコマースのコンサルをやってきた人は、今、人がいろいろなチャネルで、いろいろなモチベーションで買ってきているのでトータル的には全く無理かもしれない。さらに、Eコマースのコンサルをやっていた人はスマホに変わってなかなかピンと来ないだろう。さらにウエアラブルになったら全くついていけないかもしれない。大手のコンサルをやってきた人は最近の個人ベンチャーの台頭に付いていけないだろう。今までマス商品のコンサルをやって来た人は、このロングテールのオタクの時代についていけないかもしれない。今までのビジネスモデルのコンサルは、どんどん新たに出てくる今までとは起点の違ったビジネスモデルについていけないかもしれない。販促系のコンサルの人は自分でSNSを使ってメディアでも自分で出来る時代にはこれまたついていけないかもしれない。。。。。。

という事は、これからコンサルは、新たなMarketを開拓する必要が出てくるのである。

カテゴリー: ビジネスモデル

IoK インターネットオブノウハウ

最近どこを見てもIoTだらけなんで、うちも真似して考えて見ました。どのようなシチュエーションでも最近はスマホやタブレットが外せないんだけど、それは昔のモバイルパソコンを重いぞ!ひーひーいいながら持っていた時代と比べると、圧倒的に使う時間とタイミンと目的が変わった。昔はメールを見るサイトを見るだけだったんだが、今は同時にあちこちのサイトや複数のデータベースからノウハウやコンテンツを引っ張ってきて、また新たなノウハウを作るということが普通になってきている。タブレット一枚じゃ足りないので、サブ画面でスマホを使う。さらにそれでも足りないのでもう一つぐらいスマホを持ってくる。。。。。デュアル画面のタブレットあれば売れるだろうな。。。